プラズマクリーナーの原理

プラズマクリーナーは、一般的にはどのようなクリーニング方法をしているかを知らない人は多いと思います。クリーニング対象の真空チャンバー、もしくはプラズマソースを接続し、チューブはチャンバーと一緒に真空引きされます。コントローラーから信号が伝達されると同時に、バルブを伝わってプロセスガスを導入し、プラズマを発生させて活性ラジカルを生成しているのです。ラジカルは、真空装置でチャンバー内に惹かれて拡散されているのです。

残留したハイドロカーボンガス分子はクリーニング対象物の壁に付着して有機物と反応し、分子を小さくしています。最終的には二酸化炭素、水分子などの副生成物にしてクリーニングをしているのです。複雑なメカニズムをしている感じはしますが、電気で汚い分子を分解しているだけなのです。汚染の原因となる炭化水素は至る所に存在しています。

分子がとても小さいために様々な経路で侵入し、空気は徐々に汚染されているのです。プラズマクリーナーを使用することで、汚染を最小限に抑えて室内の空気をきれいな状態にしてくれます。高出力プラズマ技術により、高効率かつ高真空レンジでのプラズマクリーナーが出来るようになっている為、より細かい微粒子を分解することが出来るのです。現在では、ウイルスの影響もあり、この方法でウイルス除去もしてもらえればいいです。

電気を使用したクリーニング方法はたくさんあり、これからの現代に大きな力を発揮していってくれることを願っています。プラズマクリーナーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です