プラズマクリーナーは未来の産業を支える

プラズマは気体や液体、固体のいずれとも異なり第4の状態といわれます。生活の中では蛍光灯やテレビなどに活用され、自然現象にもプラズマは存在しており稲妻やオーロラが代表です。プラズマの性質を利用すれば、金属やプラスチックあるいはガラスなどの表面に付着した汚染物質を洗浄することができます。この性質はすでにプラズマクリーナーとして活用されており、半導体や自動車産業といった精緻な工程を経て製品が出来上がる分野で活かされています。

プラズマクリーナーの良い点は、対象物の表面に付着した微細なホコリの粒子でも確実に除去できることです。しかも本体機能に問題を与えないため、製品の能力を最大限に引き出せます。また水などの液体と異なり、洗浄時に薄まる心配がなく能力を保持しやすいのもメリットでしょう。加えて排水などを出さず環境に配慮できるとともに、結果として処理費用を計算する必要がないので経済的です。

プラズマクリーナーを工程に組み込めば、製造と洗浄が同じラインで行えるため仕掛品を別の部門に依頼したり運ぶ必要がありません。プラズマの活用は表面処理に留まらず、研磨をしたり部分加工など可能性は多様です。したがって自社の工程に応じた利用を検討すると有益でしょう。人工知能など新しいテクノロジーが生まれるのに伴い、小型かつ軽量しかも緻密な製品が社会に広がる未来が予測されます。

こうした製品の進歩は、プラズマクリーナーの需要をますます高めるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です