高性能化したプラズマクリーナーの役割は需要拡大傾向

現在はスマートフォンの普及を見ても理解できるように、電気機器の小型化・コンパクト化が進化しているのが現実に見てとることが可能です。もちろんこうした小型化・コンパクト化を実現する上では、その起動や機能の充実を図るために半導体などの集積回路の小型化も必要です。半導体の敵と言えば、微細な埃や汚れなどであり、しかも小さい上に複雑化されるため、それを効果的に表面洗浄を行うことがポイントになります。プラズマクリーナーはこうした半導体の表面洗浄に最適なクリーナーであり、その原理は電極間に高周波を印可することで、プラズマを発生させ微細な汚れなどに反応させながら洗浄していきます。

このプラズマクリーナーは、半導体の表面洗浄に最適であることからも電子機器では必須の物ですが、様々な物の表面洗浄にも最適でもあります。細菌やウイルスの除去レベルでも活用させることができれば、それによる洗浄であらゆる菌やウイルスを不活性化させる可能性もあります。感染症の問題が起きている側面もありますが、プラズマクリーナーを応用させることで菌やウイルスの不活性化を果たせるとさらなる需要拡大が見込めます。感染症対策には菌などが付着して生き残りやすいと言われているプラスチックなどの表面洗浄が課題であり、それをプラズマクリーナーで実現できます。

本来の使用目的は半導体の洗浄ではありますが、過去にも本来の目的から転用をされた事例も多いです。産業用からの転用で日々の暮らしまでプラズマクリーナーが浸透していけば、需要拡大は続くと想定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です