プラズマ洗浄装置は感染予防にも役立ちます

日本では現在多くの人が除菌や抗菌などに努めていると言えるでしょう。実はこれは日本のことだけではなく、アメリカやイタリアなどの先進国でも同じようなことが言えます。つまり世界規模で除菌を行う生活が続いているということになります。なぜこのような事態に陥ったのかと言うと、全ては2020年に中国で発生した新型コロナウイルスの影響と言えるでしょう。

これからこのような除菌や抗菌に努めた生活を送る光景は、当たり前のものとなっていくのでしょう。このような事態を背景にし、政府は一般家庭や学校、オフィスや飲食店などにプラズマ洗浄装置を導入するように推奨しています。プラズマ洗浄装置とは、以前までは医療機関や精密機械を取り扱っている場所での使用に限られていました。研究所のクリーンルームなどもこれに該当しますが、紫外線と陽電子を使ってウイルスを滅菌することが可能な装置です。

プラズマ洗浄装置の導入をなぜ推奨しているのかと言うと、その目的は集団感染を防ぐことです。特性を見ると、ウイルスに陽電子が付着すると細胞を分離することができるので、これが感染予防につながります。さらに機器の内部では私たちが日々浴びている紫外線の約10倍もの光で殺菌することができ、特殊なアルコール除菌などをする必要もないのです。感染原因になっているのは飛沫や他者の唾液などによるものであるため、食器や衣類などをプラズマ洗浄装置で洗浄することにより、大幅に感染者数の減少が期待できます。

現在では多くの家電メーカーがプラズマ洗浄装置の生産を始めていて、購入しやすい環境が整ってきていると言えるでしょう。私たちの生活必需品になる日もそう遠くはないのかもしれません。プラズマ洗浄装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です