プラズマ洗浄装置を上手く活用する方法とコツ

感染拡大防止にご協力くださいという言葉は、飲食店を経営なされている方にとって非常に重い言葉に聞こえるでしょう。2020年4月以降、日本政府ならびに厚生労働省では、居酒屋からレストラン・ラーメン店などすべての飲食店を対象にして時短営業と休業を要請されています。1日2万円の休業補償金が支給されてはいるものの、これでは人件費を賄うことはできないでしょう。店を畳んでしまう方も多くなっており、国内では戦後初の900万件の倒産を記録したほどです。

経営を円滑に進めていくには、感染予防対策をしなくてはいけません。客席や厨房のアルコール消毒に始まり、さらには換気もおこなうことが厚労省が発行しているマニュアルに記載されています。食器の類に関しては使い捨てとなっていますが、プラズマ洗浄装置を導入することでそれを免れることが可能です。プラズマ洗浄装置とは、本来は病院の手術室で使用する機材の洗浄に使用されていたものです。

約120Vのプラズマを発生させ、紫外線によって滅菌もできる設備になっています。プラズマ洗浄装置はウイルスを対象にして設計をされているので、新型コロナウイルスも例外ではないというわけです。このマシンは各社家電メーカーでは、飲食店向けの業務用も開発されており、さらいは家庭向けのコンパクトなものもあります。上手く活用する方法は、食器類の洗浄に使用をして唾液による感染を未然に阻止をすることです。

厨房に置くのがコツになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です