高齢者施設にプラズマ洗浄装置を導入する

現在の日本には全国に約20万件以上の高齢介護施設があります。現代の日本は超高齢化社会となり、なんと高齢者施設の数が幼稚園や小学校の約20倍にものぼるのです。このような高齢者施設の利用者の平均年齢は80歳であり、このような高齢者が生活する場所であるため、暮らしやすいのはもちろんですが、ウイルスの感染などにも努めなければなりません。それなのにも関わらず、現代では新型コロナウイルス感染症が流行してしまい、この対策をしっかりと行わなければならないのです。

新型コロナウイルス感染症の対策として、近年多くの施設で導入されている機械がプラズマ洗浄装置と呼ばれるものです。現在は日本だけではなくアメリカやブラジル、インドなど多くの国々で新型コロナウイルス感染症の感染が確認され、世界全域にその影響が及んでいます。日本でも1日の感染者が2000人以上になったこともあり、特に高齢者は体力や免疫力が落ちているので、万が一感染してしまえば命を落としてしまうかもしれません。高齢者施設ではクラスターが発生したとの報告も相次ぎ、政府や厚生労働省は、早急にプラズマ洗浄装置の導入を進めています。

プラズマ洗浄装置は簡単に言うとウイルスを滅菌、除菌できる装置のことを指しています。以前までは医療機関などでしか使われていなかったものですが、プラズマを空気中に放出することによって、ウイルスなどを一斉に軽減することが期待できます。これから全国各地の高齢者施設では、相次いでプラズマ洗浄装置の投入がなされることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です