プラズマ洗浄装置の特徴を把握しよう

プラズマを発生させることにより、対象物の表面をクリーニングする装置をプラズマ洗浄装置と呼んでいます。表面を洗浄することもでき、表面の質を変えることもできるものを指します。対象に選ばれる素材には様々なものがあり、金属やプラスチックなどが該当します。金属の場合にはサビを取り除く、油膜などの汚染物質を除去するなどの効果が得られます。

金属は一般的に水分を嫌うので洗うのが難しいと言われています。水で洗うとなると乾燥させなければならず、時間とコストの問題が生じることになるでしょう。これでは作業の効率も低下してしまいます。しかしプラズマ洗浄装置を使うことが出来れば、水を使わずに洗浄することができます。

水を使わないということは乾燥させる必要もないので、効率よく次の工程に進めることができるでしょう。メッキやインクなどの密着性を高める、接着や結合を高めることも可能なので、プラズマ装置は様々な用途において活躍するものといえます。さらにプラズマ洗浄装置には殺菌作用も期待できます。洗浄や体質などと合わせて工程を一つ減らすことができ、殺菌済みという付加価値をつけることができるでしょう。

ガスを使い様々な効果を発揮する特徴があるので、対象となるものの細かい部分についても適用できる可能性があります。表面に親水性を付与する、表面張力を調整することも可能なので、アイデアの数だけプラズマ洗浄装置は活用の幅が増えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です