プラズマ洗浄装置は電子機器の品質を向上します

プラズマ洗浄装置を利用すると電子機器の製造工程における品質向上が実現できるため、近年では多くの現場で利用されています。その理由は単に洗浄効率を高めることができるばかりでなく、小型化する電子部品を確実にプリント基板に接着し様々なトラブルを未然に防ぐことができることが要因となっており、そのために不良品が発生しにくいのが特徴です。現代の電子機器のほとんどは内部の回路が集積化されており、さらに非常に小さな部品を利用することが多くなっています。これらは接着剤を利用してプリント基板に固定されていますが、衝撃などにより接着剤が剥がれ部品が外れてしまうと言うことも少なくありませんでした。

これは部品自身が非常に小型であるため、十分な接着面積を確保することができないほか、自動で実装する仕組みがほとんどであるため、その場合にも接着剤の付け方がまちまちになってしまい十分な固定ができないことが要因です。プラズマ洗浄装置を利用すると、プリント基板の表面に微細な傷を無数につけることができます。この微細な傷が接着面の表面積を広くすることにつながり、部品の接着を強固にするのに役立っているため、製造過程や実際に製品として使用をしているときに部品が外れてしまうと言う心配がほとんどなくなりました。近年ではスマートフォン等が非常に普及しており、非常に小型の部品が多数取り付けられていますが、これが安定して動作を続けているのはプラズマ洗浄装置が利用されていることによります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です