時短営業の救世主となるプラズマ装置

飲食店では、2020年4月以降は時短営業というものが一般化しました。本来なら午前11時頃に開店をして、夜も11時に閉店となります。ところが新型コロナウイルスが蔓延し出したころになると、感染源が飲食店だということになったので営業時間を大幅に繰り下げる措置を政府では強制しているわけです。違反をしたら罰金が科せられるため、多くの店で営業時間を短縮せざる終えないのです。

飲食店では来店客に対して、徹底した感染予防対策を実施しています。各テーブルをパーティションで区切り、さらにアルコール消毒を使用して滅菌までなされているほどです。これでもまだ対処ができないのは、新型コロナウイルスは空気感染がメインとなっているからでしょう。時短営業に努めているお店であれば、プラズマ装置を導入することで高い効果を得ることが可能でしょう。

プラズマ装置とは以前は研究室のクリーンルームや、食料品工場にだけ設置をされていたものです。プラズマを空気中に照射して、ハウスダストや花粉を取り除けるものでした。2020年5月以降、各社メーカーでは製品に大幅な変更を加えました。それは既存のプラズマ装置に紫外線照射装置も組み込み、ウイルスにも対抗できる機能を付随させたのです。

これにより新型コロナウイルスを消滅させられるようになりました。飲食店ではこれからも規制を強いられますが、プラズマ装置を導入して少しでも客足を維持するようにしましょう。プラズマ装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です