医療機関で使用されるプラズマ装置の特徴

2020年2月以降、われわれの日常は大きな変化を帯びてしまいました。連日ニュースや新聞では、一日の新型コロナウイルスの感染者を伝える報道がトップとなっており、いつの間にかパンデミックという言葉を自然と受け入れてしまっています。すべては中国・武漢で発生した新種のウイルスの影響であり、これから数十年はマスクをして毎日を生きないといけない時代となったわけです。一般的な家庭でも、マスクを使用して手洗いとうがいをなされていることでしょう。

厚生労働省では幼いお子さんや、高齢者がいる場合はプラズマ装置の設置を推奨されています。この設備を購入するための補助金も2021年8月から支給をされるので、導入することを考えてみましょう。ここでは簡単に、プラズマ装置の概要について解説をしていきます。基本的には医療機関で導入をされている設備であり、陽電子を空気中に放出できるものです。

プラズマ装置の最大の特徴は、紫外線を含ませた陽電子を空気に含ませることで、ウイルスを細胞単位で消滅させられることになります。プラズマを帯びることで細胞壁を消滅させられるので、感染することもなく綺麗な室内環境を維持できるというわけです。医療機関では業務用の大型装置となっていますが、家庭向けのコンパクトな機器も家電メーカーから販売をされています。一台約5万円前後となりますが、今の時代は一家に一台は設置をしておくのが望ましいものといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です