プラズマ洗浄装置を導入して安心を得よう

新型コロナウイルスは、今では世界共通・人類の敵となったものです。2020年2月の段階では、中国の武漢という小さな都市でしか流行をしておらず、大半の方が対岸の火事であると見なしていました。ところがこの武漢から訪れたクルーズ船が日本に寄港し、ここから一気に全国へと広がってしまったのです。いつの間にかアメリカ・イギリス・ブラジルでは犠牲者が5、000万人をこえてしまい、世界を恐怖に落とし入れてしまいました。

今もなお、明確な治療法が確立されておらず、われわれにできることは感染をしない・させないということだけです。そのカギを握っているのがプラズマ洗浄装置で、各社家電メーカーでは急ピッチで生産をなされています。プラズマ洗浄装置とは、以前は医療機関で手術道具や点滴に使用するチューブを消毒するのに使用されていました。プラズマと呼ばれる陽電子を対象物に照射し、マイクロ単位のウイルスやハウスダストを消滅させることが可能です。

新型コロナウイルスも例外ではなく、実際にプラズマ洗浄装置を使用して増減を確認する実験もなされたほどです。その結果、100個のウイルスを4分間のプラズマ照射で0にする事ができ、高い効果性を実証できたわけです。一般家庭なら約100平方メートル程度の敷地面積となるので、コンパクトなプラズマ洗浄装置を一台用意すれば良いでしょう。我が家の中を安全な空間へと変化をさせることができ、ゆっくりと暮らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です